« ブログのアクセスアップの無料レポート | トップページ | Seesaaブログでやるべきカスタマイズ(修正) »

2015.11.30

キーワードでSEO対策

通常、アクセスの大半は検索エンジン経由です。

そして、SEO対策=キーワード対策と言っても過言ではありません。

ただ、今までは外部対策に重点が置かれていました。

しかし、そこにスパム的な手法が産まれ、Googleのパンダ・ペンギンアップデートにより、そういった手法は通用しなくなりました。

そこで注目されるのが「コンテンツマーケティング」そして、その為のWebライティングです。

SEO対策にとってのキーワードとは?

★ブログのアクセスアップにはblogランキングが有効⇒人気blogランキング| ブログ アクセスアップの基本

キーワードでSEO対策

ブログアフィリエイト初心者講座

例えば、ユーザーはアクセスしてきたキーワードを分析し、ユーザーのニーズに合ったコンテンツを提供することが上げられます。

アクセス数は多いからと言って喜んでばかりはいられません。

なぜなら、ユーザーが求める情報がそのサイト(ページ)になければ、ユーザーのそのページでの滞在時間は短くなり、検索エンジンはそういったページを価値が低いページとみなし、検索順位を下げるからです。

そして、一番大事なことは、サイト運営者のビジネス(物品販売等)につながるユーザーを集める対策キーワードを考えることです。

ユーザーは検索エンジンに対して自分の問いかけに対する答えを求めています。

その「答え」がサイト運営者のページにあり、それがビジネスにつながれば、両者ともにメリットがあります。

この答えからビジネスに誘導する(アクション率を上げる)文章の流れがWebライティングの技術と言えそうです。

今回、「SEO対策のためのWebライティング実践講座」という本を読みました。

内容は、企業のWEB担当者を対象としたSEO対策の話であり、かなり内容が細かいです。

従って、個人のブログとは勝手が違いますが、興味を惹かれる記述がありましたので、触れたいと思います。

それは、キーワード出現率についてです。

キーワード出現率については「考えなくてよい」という主張と「適正出現率は○%」という主張がありますが、著者は適正出現率を明確にうたっています。

1番対策したいキーワード[第1キーワード]:5~7%

1番対策したいキーワード[第2キーワード]:4~5%

1番対策したいキーワード[第3キーワード]:3~4%

著者の「独自の調査では、出現率が3%をきるとSEO対策の効果は弱まり、8%を超え9%に近づくとペナルティーを受ける危険性が高ま」ったそうです。

もちろん、出現率はこれを守るとして、キーワードの出現数も重要です。

2つのサイトがあって、どちらも第1キーワードの出現率が適正値だとします。

その場合、出現数が多いサイトの方が、検索エンジンからはより有益なサイトdであると判断される可能性が高いです。

では、これをどうやって実現するのか?

それは、文章量を増やすことです。

「SEO対策の観点からは、文章量は800文字以上が良いとされています。」

最大で1800文字です。

文章量を増やすことでキーワードの出現数を増やしても出現率は一定に保つことができます。

記載されている情報は記事投稿時のものです。

★記事が参考になりましたら⇒人気blogランキング

ブログアフィリエイト初心者講座

このエントリーをはてなブックマークに追加

ページtop

|

« ブログのアクセスアップの無料レポート | トップページ | Seesaaブログでやるべきカスタマイズ(修正) »

SEO(検索エンジン最適化)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65789/62779935

この記事へのトラックバック一覧です: キーワードでSEO対策:

« ブログのアクセスアップの無料レポート | トップページ | Seesaaブログでやるべきカスタマイズ(修正) »