« ブログランキング登録の方法 | トップページ | コメントでお詫び申し上げます »

2007.02.21

ブログランキングでアクセスアップする仕組み

ブログランキングはアクセスアップに有効だ。 
しかし、ブログランキングに登録しただけではアクセスアップは図れない。
アクセスアップを図るにはブログランキングの仕組みを知る必要がある。

★ブログのアクセスアップにはブログランキングが有効⇒人気blogランキング 人気ブログランキングサイトマップ

ブログランキングでアクセスアップする仕組み

ブログランキングにまず登録する。
これだけで「新着ブログ」として表示してくれるブログランキングサイトもある。しかし、これは最初だけ。

ブログランキングでアクセスアップする仕組みは次の通り。

  1. まず、自ブログに登録したブログランキングのリンク(テキスト・バナー)を貼る。
    banner_04.gif
    人気blogランキング
  2. 自ブログを訪れたユーザーがブログランキングのリンクをクリック
    ※クリックしてもらいやすい工夫が必要だ。
    当ブログの順位は?⇒人気blogランキング
    これにはブログランキングの上位ブログはどのようにクリックを誘導しているかを見るのが一番。
  3. クリック数がそのブログの人気投票(IN)になる。
    IN数が多いほど、上位に表示される。
  4. ブログランキングを見た人がアクセスして自ブログに来てくれる。
    これがOUT数だ。
    ブログランキングでアクセスアップするとはOUT数が増えることを意味する。

例えば人気blogランキングを見ると分かるのだが、1位から10位までのOUT数と11以下のout数では随分開きがある。
したがって、ブログランキングをアクセスアップに活用するには10位以内に入る必要がある。

しかし、10位以内であっても順位に必ずしもOUT数が一致しないのがわかろうだろうか?
これは、ブログタイトル・説明文そして更新頻度が関係している。

更新情報をブログランキングサイトに送るにはPing送信を行う必要がある。
ブログランキングサイトには固有のPing送信先URLがある。
これを記事をアップする度にトラックバック送信先URLに指定して送信する。
このことで新着記事として表示される。
ユーザーが興味を引く記事がアップされればアクセスは増えるだろう。

★記事が参考になりましたら⇒人気blogランキング

ブログ超初心者の無料 アクセスアップ法トップへ|サイトマップ

|

« ブログランキング登録の方法 | トップページ | コメントでお詫び申し上げます »

BLOGランキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65789/14000318

この記事へのトラックバック一覧です: ブログランキングでアクセスアップする仕組み:

» 誰も知らなかった?アフィリエイトブログの新しいアクセスアップ方法 [アフィリって「合わせ技!」]
気づいていたようで、気づかなかったアフィリエイトブログのアクセスアップ方法を伝授。 属性が同じ人を集めることができるアクセスアップテクニックです。 つまり濃いアクセス数を確保することができます。 質の高い被リンクを受けることができます。 [続きを読む]

受信: 2007.02.22 01:35

» 公共機関を相手に毎日現金収入!月収60万円!●●豪華特典●●付き [公共機関を相手に毎日現金収入!月収60万円!]
公共機関を相手にしてお仕事を行いませんか!! 今回は●●豪華特典●●付きです。 初心者でも簡単に参加でき、主婦に大人気です。 時間に束縛されずに、1日数十分で月収60万円が可能!! 毎日が現金収入!!最短15分であなたの銀行口座に振り込まれます。 紹介不要!在庫や販売不要!人間関係一切無し!! 誰にも知られずにネットでこっそり副収入を稼ぎたい方!! まずは、無料で1週間体感し...... [続きを読む]

受信: 2007.02.22 16:34

» アクセスアップを目指して頑張りましょう。 [アクセスアップを目的とするブログ]
はじめまして皆さん。私はこのブログの管理人「アクア」です。この名前の由来はアクセスアップの「アク」と「ア」を取って付け…とそんな事はどうでも良いですね。 このブログは何を目的かとすると、... [続きを読む]

受信: 2007.02.27 10:55

« ブログランキング登録の方法 | トップページ | コメントでお詫び申し上げます »